【遊戯王】「ハーピィズペット仔竜」1体で「ハーピィ」を守り、2体で自身の元々の攻撃力・守備力を倍にする永続効果を、3体で相手フィールド上のカードを破壊する起動効果

 

 

《ハーピィズペット仔竜》

効果モンスター
星4/風属性/ドラゴン族/攻1200/守 600
このカードは自分フィールド上に存在する「ハーピィズペット仔竜」を除く
「ハーピィ」と名のついたモンスターの数により効果を追加する。
1体:このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、
相手は自分フィールド上に存在する「ハーピィズペット仔竜」を除く
「ハーピィ」と名のついたモンスターを攻撃対象に選択できない。
2体:このカードの元々の攻撃力・守備力は倍になる。
3体:1ターンに1度、相手フィールド上のカード1枚を破壊する事ができる。

 

 ENEMY OF JUSTICEで登場した風属性・ドラゴン族の下級モンスター。
 1体で「ハーピィ」を守り、2体で自身の元々の攻撃力・守備力を倍にする永続効果を、3体で相手フィールド上のカードを破壊する起動効果を持つ。

 フィールドにハーピィ1体の時は《アマゾネスペット虎》同様主人を守る能力になる。
 しかし、このカードそのもののステータスが貧弱なため破壊耐性を付与しなければこの段階では期待できない。

 このカードが真価を発揮するのは、2体目のハーピィをフィールドに出してからである。
 攻撃力2400という下級モンスターとしては破格の数値を得ることができ、3体ならば使い勝手の良い除去効果を持つアタッカーに化ける。
 圧倒的に強いわけではないが、【ハーピィ】を強化してくれるカードである事は間違いないだろう。

 しかし、それは3体ものハーピィをフィールドに揃えつつ、このカードもフィールドに出さなくてはならないという事でもある。
 《万華鏡-華麗なる分身-》を駆使しても既に召喚権を消費している場合が多く、《ハーピィ・チャネラー》でリクルートしようにも守備表示で召喚されてしまう。
 このため、このカードか《ハーピィ・レディ》を蘇生カード等であらかじめ特殊召喚する等の工夫が必要となるだろう。
 特に《ヒステリック・パーティー》ならば比較的容易に条件を満たすことができ、《ハーピィ・ガール》に限れば《トライワイトゾーン》等も存在する。

 何れにせよ同じレベルのモンスターが並んだ場合、エクシーズ召喚に繋いだ方が戦況を有利に持ち込めることの方が多い。
 大抵はこのカードを含めて《ハーピィ・レディ》とランク4のエクシーズモンスターを召喚することの方が殆どだろう。
 事前に除去効果で露払いすることも考えられるが、そのためだけにこのカードを投入するのは躊躇われる所でもある。

このカードは《ヒステリック・サイン》の他に《嵐征竜-テンペスト》のサーチにも対応していた。
《ハーピィズペット竜》と違い即召喚できるが、こちらは《ハーピィ・チャネラー》でリクルートしてもエクシーズ召喚できない。
《サイバー・ブレイダー》と異なり、効果は追加で強化されていく。
《ハーピィズペット竜》でも強化される。
また、《ハーピィ・レディ》以外のハーピィがいなければ、《ハーピィズペット竜》には戦闘で勝つことができない。
イラストに《ハーピィ・ガール》の姿が見られる。
また海外版ではイラスト修正がされている。

http://yugioh-wiki.net/index.php?%A1%D4%A5%CF%A1%BC%A5%D4%A5%A3%A5%BA%A5%DA%A5%C3%A5%C8%BB%C6%CE%B5%A1%D5