【遊戯王】「レベル・スティーラー」リリースを制限する永続効果、自分フィールド上のモンスターのレベルを下げ、墓地から自身を特殊召喚する起動効果

 

 

《レベル・スティーラー/Level Eater》
効果モンスター(禁止カード)
星1/闇属性/昆虫族/攻 600/守 0
(1):このカードはモンスターゾーンに存在する限り、
アドバンス召喚以外のためにはリリースできない。
(2):このカードが墓地に存在する場合、
自分フィールドのレベル5以上のモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターのレベルを1つ下げ、
このカードを墓地から特殊召喚する。

 

 STARDUST OVERDRIVEで登場した闇属性・昆虫族の下級モンスター。
 リリースを制限する永続効果、自分フィールド上のモンスターのレベルを下げ、墓地から自身を特殊召喚する起動効果を持つ。

 (1)の効果はアドバンス召喚以外でリリースできない永続効果。
 《キャノン・ソルジャー》等での射出や《D-HERO Bloo-D》等の特殊召喚コストには使えない。
 とはいえ、各種素材にする分にはなんら問題無いため、(2)の効果で自己再生させた後はランク1のエクシーズ素材やシンクロ素材のレベル調整役として使える。

 (2)の自己再生効果の条件は「高レベルモンスターのレベルを1下げる」と非常に手軽。
 しかも蘇生後に除外される等のデメリットや、1ターンに1度の制限も無いため、繰り返し蘇生してアドバンテージを稼ぐ事ができる。

 効率良く効果を使うためには、このカードを墓地へ送りつつ、高レベルモンスターを用意する必要がある。
 一見噛み合ってないように見えるが、《クイック・シンクロン》や《THE トリッキー》のコストでこのカードを墓地へ送る事で容易に満たせるため、大した問題ではない。
 高レベルチューナーやシンクロモンスターと絡めた運用が常道だが、高レベルの半上級モンスターも多数存在するので、2枚以上積んでも事故を抑えやすい構成は難しくないだろう。
 《冥界の宝札》を併用してドロー加速を補助したり、三幻神を並べる際にも役立つ。

自己再生させた場合、フィールド上のモンスターの合計レベルは変わらないので、シンクロ素材の数を水増しできる。
例えば《BF-暁のシロッコ》と《BF-疾風のゲイル》からこのカードを経由して《BF-孤高のシルバー・ウィンド》に繋げられる。
1体でも上級モンスターを素材にしていれば、汎用性が高い《氷結界の龍 トリシューラ》などを格段にシンクロ召喚しやすくなる。
同様の方法で《ジャンク・デストロイヤー》で破壊するカードの枚数を増やすこともできる。

他にも、このカードの自己再生効果と相性の良いカードは多く存在する。
《暗黒騎士ガイアロード》等の半上級モンスターをこのカードと合わせれば、簡単に最上級モンスターをアドバンス召喚できる。
《神獣王バルバロス》等の妥協召喚できる最上級モンスターは、妥協召喚し自己再生させることも、このカードをリリースしてのアドバンス召喚も可能である。
《メタル・リフレクト・スライム》は守備力の高さから戦闘破壊されにくく、レベル10モンスターであるため、最大6回まで自己再生を補助することができる。
《トラゴエディア》は最上級モンスターである上に、自身のモンスター効果で特殊召喚が容易であり、レベルまで変更できる効果を持つため、相性は抜群である。
《守護者スフィンクス》等のサイクル・リバースモンスターは、裏側表示にする事で下がったレベルをリセットすることができる。
《クイック・シンクロン》のコストにこのカードを捨て、自己再生させれば、《ジャンク・ウォリアー》・《ジェット・ウォリアー》に繋げられ、《ボルト・ヘッジホッグ》と併せればレベル6も出せる。
《スクラップ・ドラゴン》となら、実質ノーコストで破壊効果が使用可能となる。
《アルカナフォースXXI-THE WORLD》では、表の効果は墓地へ送るなので問題なくコストにでき、自身のレベルの高さもあり好相性。
《生還の宝札》が禁止カードになる前は、このカードが墓地に3枚存在するときに《神獣王バルバロス》等を展開するだけで、3枚ドローできるコンボが可能だった。
だが、このカードが登場した直後の制限改訂で《生還の宝札》が禁止カードとなり、このコンボはごく短い期間しか使用できなかった。
自己再生効果は墓地で発動し、効果発動時にモンスターを選択するだけしか処理を行わないので、《光と闇の竜》等を損失なく弱体化できる。
このカードと攻撃力か守備力が同じ上級モンスターに《星に願いを》を使うことで、ランクの高いエクシーズ召喚につなげられる。
ただし、その上級モンスターのレベルは1つ下がる事を把握しておきたい。
上記の様に相性の良いカードが多く、シンクロ召喚を連打するデッキにとっては必要不可欠な潤滑油的存在であった。
特に、環境で活躍したデッキ【シンクロダーク】において活躍したため、2016/10/01付けで一気に禁止カードとなった。
これにより【シンクロダーク】のみならず【ジャンクドッペル】をはじめとするシンクロ召喚を多用する【シンクロ召喚】は大きな影響を受けることとなった。
このカードの禁止化に伴い、レベル5以上のチューナーはシンクロ召喚の柔軟性を大きく落とすことになり、一部を除き評価がガタ落ちしてしまうことになった。
このカードを素材に上級シンクロチューナーをシンクロ召喚することで同名カードを連打できた。
このシナジーは【シンクロ召喚】の武器となる一方、新たなシンクロチューナーのデザインの幅を狭めている一面もあった。
実際このカードが禁止カードになった直後から、特殊召喚や効果に1ターンに1度の制約がない《花札衛-月花見-》のような上級シンクロチューナーが登場している。
新マスタールールへの移行によりシンクロモンスターを並べることが難しくなったが、蘇生したこのカードを素材にできるリンクモンスターが登場している。
高レベルモンスターが1体存在するだけで何度も蘇生してリンク素材にすることで大量展開できてしまう。
TCGではリンク召喚導入後も現役であったため、上記の通り何度も使いまわせるリンク素材として活用できた。
しかし流石にマズイと判断されたのか、18/02/05にてOCG同様に1発で禁止カード指定を受けている。
「スティール(Steal)」とは盗むという意味であり、「スティーラー(Stealer)」は泥棒を指す。
墓地からフィールドのモンスターのレベルを盗んで自己再生する、という意味合いであり、実際にアニメでもそのような演出がなされていた。
また、自身の効果以外で出されるとレベルを盗む演出がないので、このカードの背中に星の模様がない状態になる。
英語名では「Eater(喰らう者)」に変更されている。

http://yugioh-wiki.net/index.php?%A1%D4%A5%EC%A5%D9%A5%EB%A1%A6%A5%B9%A5%C6%A5%A3%A1%BC%A5%E9%A1%BC%A1%D5

 

管理人の一言

エラッタ期待の声もあるけど、こいつはしないで欲しい